ギュスターヴ・モロー展 Bunkamura

ギリシャ神話や聖書の世界を表現します
絵はあんまり好きじゃないけれども、物語の場面がずらりと並び
それぞれに解説がついているので、まるで絵本のようでした

一角獣がいました
ぼくは村上春樹の小説に出てきた一角獣がお気に入りです
世界の終わりにひっそりと暮らし、人間の心を吸収します

その他、遥か昔から様々な記述に登場します
ほうんとうは獰猛な性格みたいです

レオナルド・ダ・ヴィンチは
一角獣を捕まえることをできるのは、乙女だけだといいます

ノアの方舟では一角獣だけが言うことを聞かずおとなしくしていなかったので、
方舟の外に放り出されて、滅んだといわれます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。