杳子 古井由吉

この人の本は、ほとんどが絶版です
たまたま、古本屋で見つけて
「杳子」、なんて読むのだろうと気になって買いました

透明感、すみきった、という表現が的確かどうかわかりませんが
ぼくのお気に入りなイメージが広がります

他の作品も読んでみたくなります
その辺の本屋ではなかなかみつかりません

古本屋で探すのですが、やっと見つけても、高いです
本に印刷されている定価よりも高かったりするのが、げせません

何冊か読みましたが
「杳子」にはかないません
芥川賞受賞作品です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。