まちがえた、映像業界

大学2年
スタジオのアルバイトをみつけた

さっそく面接
まちがえた、撮影スタジオ

よっぽど人手に困っていたのか、引き止める社長
音楽PVの撮影もあるからと
しょうがない、次のバイト見つけるまでやってやるか

毎日、朝までCM撮影
大道具、小道具、照明、カメラから、手タレ、足タレ
いろんな職業があるものだ

ゆげ師
ラーメンの撮影で湯気を作る人
「湯気、お願いしまーす」
ボイラーみたいなのをかついでいって
ラーメンの上にジュボー
見事な湯気、楽な仕事

スタジオアシスタントもゆげ師におとらず、暇
ほとんど待機状態

後継者がいない、後を継がんかと誘われる
断る

暇な時間もてあそぶのもと、照明チームにまぎれて
せっせと照明をつりあげる

いつしか、照明チーフから
「いついつ、時間ある?」と電話がかかってくるようになった

スタジオをわたりあるき、ロケにまで連れて行かれる
自給700円のスタジオアシスタントからいっきに金持ちに
照明助手でこのギャラ
チーフ、その上の技手、いったいいくらもらっている
撮影が終わると毎日、焼肉、宴会

もうやめられない

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。