額に汗

インターネットの片隅に存在しているぼくのページ

来てくれた人の顔をぼくは思い浮かべる
今日もやってきてくれましたか、どうもありがとう

通りすがりにちょいと覗いてくれた人、どうもありがとう
あなたのことは、名前も顔も分かりませんが

このページが世間に筒抜けだなんてことは、わかっていたのだけれども

ぼくは、一握りの親しい知人と、無数のまだ出会わない人に向けて日記をつづる

残りの人の存在を忘れていた
ぼくはずいぶん多くの人と出会ってきたのだ

ぼくのことを知る人がぼくのページを偶然見つける

来てくれた人の顔を思い浮かべ
今日もやってきてくれましたか、どうもありがとう、ではなくなる

言葉もでない

別によからぬことは書いておりませんが
どういうわけか気まずい

読まれたくないことは書かないけれども
読まれたくない人がいるなんて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。