96rec

サンプリングレートが192kHzまであがってずいぶんたつというのに
そんなに需要はないのよさ

弦カルにピアノ、96kHzでとってくれといわれたので、とってみた

ほとんどのものは44.1か48なんだけど、今日は生のストリングスなので
なんとなく、96がいいんじゃないかと

そんな気はぼくもいたします、ととりあえず同調

ところで、16kHzを超えたところで、ぼくの鼓膜は興味を失う
たくさんの鋭くとがった高周波はぼくの頭をつきぬけていく
痛くも何ともない

いつもよりいい音なんじゃないかな、のような気がする
鈍い反応とあいまいな解析をするぼくの脳みそ

ハードディスクはいつもより倍の情報量を律儀に書き込んでいる
カリカリ、カリカリと

違いを実感できているのはハードディスクだけのよう

俺達はロックやりにきてんすよ、というバンドを思い出した
細い高周波よりも、どぶとい低周波爆弾

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。