ぼくの部屋には蟻がはっていて
小さな蟻の中でも、さらに小さな種類の蟻で
目の悪いぼくには、床にへばりつくようにしないと確認できないけれども
どうやら大群だ

壁のほうから列をなして
ぼくの部屋の中に何が発見できるというのかさっぱりわからない

とくに害も無く、しばらくはそっとしておくけれど
一向に退散する気配も無く、群れはどんどん大きくなって

布団の中に紛れ込んだ蟻は、ぼくの体で下敷きになると
苦し紛れに噛み付くようになった
さすがにあたまにきた

絨毯の上に、黒いごみを見つけたので、つまんでみると
小さなビスケットの食べかすに群がる蟻
かなりげんなりした

前日に食べの残したスナック菓子の袋は、目が覚めると蟻だらけになっていた

掃除機で全部吸い取った
透明な掃除機のごみための中で、綿埃にまぎれて
さまよう蟻には悲壮感もない

翌日には、掃除機から這い出して
再びぼくの部屋を徘徊する
やっぱりだ、悲壮感はない

全部吸い取った
殺虫剤を注入
残虐感をあじわって、少し落ち込む

今日、一匹のゴキブリが
透明なごみためでのたれ死ぬ

ぼくは今「ソフィーの選択」という本を読んでいる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。