日記

たそがれの日々です

ぼくがはじめて入れた会社
そこで少しばかりお世話になった人
続けていてくれてうれしいいですと、握手をしてくれました
白髪の混じったその人のあたまにずいぶんと年月を感じます
ぼくはあっという間にその会社を去りました

もうすぐ今のスタジオも閉鎖です
梅雨に入りました

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。