Amek Angela

東中野スタジオにあるAmek Angelaというアナログコンソール
機嫌を損ねてしまったので

アシスタント時代にいた イニックスタジオのSHEPというアナログコンソールは毎日のように機嫌が悪く
パーツ調達にしょっちゅう秋葉原に行かされた

どちらもオーディオの神様みたいな人 ルパート、ニーブという人の設計で
音は最高、メンテナンス大変

久しぶりに秋葉原

秋葉原もめっきりかわって
昔はパソコン屋ばかりだったけれど
オーディオ専門店はフィギュア専門店になっていて
へんたいも極めればすごい技術

ラジオデパートだの、ラジオストアーは相変わらずで

小さなラジオの部品を売っている店が何十店舗と集まっている異質な空間
それぞれに専門があってトランジスターはこの店 ケーブルはこの店 コネクター類はここ
店内ねじだらけの店もある
電気製品のパーツはここに来ればたいてい揃う

メーカーに修理を出して何万円も取られたものが
ここにきて何十円のパーツを交換しただけでなおったりする

レコーディング機器は特殊で音質にこだわる分
使われるパーツも特殊で秋葉原ですら手に入らないものが結構ある

店のおっさんに このパーツあるかときくと
ねぇーよ とよくいわれた
店のおやじはたいていつっけんどうで無愛想で風変わり

昔よくいった店に行くとおっさんはじいさんになっていた
いろいろ教えてくれて愛想のいい人だったけれど、同じ話をなんども繰り返すようになった
いいから言ったものをとっととそろえろと手が全く動いていない

次に行った店もそのままじいさんになっていた
いろいろと注文したけどその人は一言もしゃべらなかった
最後にありがとうございましたの あ だけがかすかに聞こえた
無愛想というよりはぼけ老人にしか見えなかった

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。