なんとなく古本屋にいってしまいます
最近 小説に飽きてしまったので 読みたい本がなかなかみつかりません

先日社長から いいこと書いてあると

社長の読んだ本を毎回流してもらえると
選ぶ手間が省けてとても楽チンだと
思ってはみたものの
この本数字だらけで 苦痛だったのです

その反動で

を読んでみたり
江原啓之さんは守護霊と話せるそうで あらすごい

この人だれだか知らないけど
人って、人から頼まれて初めて何かをはじめます。
人って、人から何も頼まれていないのにものを創作しだした時
初めてクリエイターになるんだって 、そう思います。

ではじまりました。

この人だれだか知らないけど
江原啓之さんよりすきです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。