コーヒー屋さん

スタジオにコーヒーメーカーの営業にやってきたねぇちゃんが
とてもかわいかったので
ついつい試飲を受けてしまったところ

コーヒーはとてもふつうだったのです
とても卑怯な手口です

飲ませてしまえばこっちのものと
押しは強くなって
ひくにひけず

見積もりまでに ことは進んで
とてもがんばりましたといわれて
どうやって断ったものかと夜も眠れない日々で

結局のところ頼む気ござりませんと
さんざん期待させたあげく ばっさり

とても心が痛んだのでしたが
ようやく 穏やかな日々も

ねぇちゃんはもうこないのです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。