そして、ばば様

ばば様を訪ねて奈良県学園前

視覚の記憶はどこえやら
すっかりすっ飛んでしまったよう

1文字1文字はっきりと名前を告げる
埃をかぶった記憶の棚からぼくの名前を取り出す

「おあがり」とぼくを招き入れる
それでもなお、顔が違うと独り言

1月1日が誕生日、めでたい人、93才をかぞえる
はなしは数年前から変わらない

朝起きて、水を飲み、少々離れた喫茶店まで散歩する
黒い髪、綺麗にそろった歯
医者が驚くほど健康なのよ

ぼくのシャツの裾が気になりはじめる
シャツはズボンの中へ

そして古いアルバムをめくる
「あんた、写っとらへんな」

小さなぼくは、ばば様の隣にちゃんといる
今のぼくは、そこにはいない

大阪に連れて行けと言い出す
ばば様の息子、父様の弟、ぼくのおじ

親族ども、ばば様をほったらかしにするでない

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。