朝、寝る

夜は静かに部屋の外にいる
ぼくは窓の外にいる夜を眺めて今日の終わりを過ごす

朝がゆっくりと現れて、ゆっくりと夜を覆い尽くす
夜を食べつくすと、窓を閉めているというのに
今度はぼくの部屋を覆っていく

いたるところに影は斜めに延びてきて
騒がしくなってきた

眠りにつく

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。