日記

閃光花火の火玉を奪い取る
ムッとする顔
小さくしぼんだ花火は静かに煙に変わる

でっかくなったぼくの火玉からは
怒ったように閃光が飛び散って
勢いあまってバケツに落ちた

ジュッという音に
ざまぁみろという顔

一筋の煙が上がる

虫の鳴き声は澄みきっている
秋の終わりに

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。