ぼくは自分の傘を持っていない
スタジオにある忘れ物の傘を使う
拝借するのは、透明のビニール傘
拝借という意識はあるのでさすがに高そうな傘は気がひける

使ったら返そうと思うのだけれども、雨はランダムに降っているようで、そうでない
どんどん自宅に傘が増えていく

今日も一本持ち帰る
途中本屋に寄った

本屋を出ると傘はなくなっていた

ぼくのものではない、持っていかれても文句は言えない
それにしてもあんまりだ

拝借しようと思ったけど、どれも高そうだ
ぼくのを持っていった人も同じ意識が働いたはずだ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。