スタジオミュージシャン

サックス録音
ぼくは昔からスタジオミュージシャンの苦手意識から逃れられない
譜面で会話する人たち

たかがエンジニア、何を意見できるわけでもないけれど
録音の仕事も、同じ次元にいれないとつらいものがある

ついていくだけで手いっぱいだ、ちょっと油断するとへんてこなことになってしまう

何小節目何拍目、裏、なんて言われてもピンとこない

小節なんていちいち数えて、音楽きいてないよ
ともいってられない

常に緊張感、あたまをくるくる回転させておかなければならない
どっと疲れる

キュイーンからといってくれるバンドマンにほっとする

ドトタン、デケデケ
表現はいっぱいあるよ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。