ジャズなレコーディング最終日

今日はらくちん
ぼくの仕事はほとんど終わっていた

発売日までが近々なため、1週間で9曲
レコーディングとミックスが同時進行
録音の終わった曲は毎日、バイク便でミックスエンジニアのもとに

突貫工事

今日はミックスの確認作業
ミックスはサンレコで匠として紹介されている玉川さん
できあがったミックスをもってやってきました

匠の仕事、絶妙なバランス

今回のレコーディングはばたばたな日程にもかかわらず
すごくスマート

プロデューサーの存在は重要です

そのプロデューサー幾見さん
「アドリブは最初に置いた1音で全てが決まる」

深い

幾見さんの乗ってくるばかでかい真っ黒なキャデラック

びびる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。