海と毒薬 遠藤周作

この人の本は以前はまったので
ほとんど読んでしまったのだけど
この本は何だか重たそうで避けていた

この人の本は、人間をかんがえる

ぼくは、小さい頃、ドラえもんの超合金を買ってもらった
すごい名前、超合金

隣に住む、まーくんに自慢した
しばらくして、まーくんも親にねだって買ってもらった

まーくんのドラえもんは新しくきれい

間違えてはいけないから名前を書こうと提案する
ぼくは2つのドラえもんを並べて
きれいなドラえもんに自分の名前を書いた

年下のまーくんはなにも文句を言わなかった
その夜、まーくんのおばちゃんがやってきた

ぼくと同じように一皮向けば、他人の死、他人の苦しみに無感動なのだろうか
そんな自分がふしぎだと感じたことがあるだろうか

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。