こんな一日

目覚ましをかけずに眠りにつくと、いつまでも寝入ってしまう
いつもは目覚ましに加えて、タイマーをかけたテレビの爆音で夢の途中を現実に引き戻される
今日はたっぷりと夢の世界を堪能し、ゆっくりと現実に戻ってきた
相変わらずまったく記憶にない夢なのだけれども
これが自然な生活のリズムだと思うのだ

ところが、世の中はすでに夕暮れ時
夢の世界に8時間も長居すると、ぼーっとした一日を過ごすのだ、なにもやる気がしない
ミクシ-で、承認待ちの友人が1名います!という赤文字を目にしても
あらあらと思うだけでいつまでも点灯させておく

先日、知り合いのライブを見に渋谷の坂を登っていくと
ドクターマーチンがずらりと並ぶ靴屋を発見
ライブはとっくに開場しているというのに
デットストックになった でこ靴をまじまじと眺める、もう生産されないのかと
履いていた靴もドクターマーチン、通のオーラをまきちらす風
すかさず店員につかまった
開演時間に決断を迫られ、店員に金を払って、箱も袋ももらわずに
小さな鞄に押し込んだ

翌日、さっそく新しい靴で出勤だと、表に出て10mでひき返す
なんだこの靴は、歩きにくい靴

郵便屋がやってきて、自分の靴を見つけられずに母親のハイヒールを
門までカクカクしながら、なんだこの靴はと
実家にいた頃のことを思い出す

給料日に新しい靴なんて買いやがってと誰も思いはしないのに
そんなことも気になってか、慣れるまでしばらく履いていくのはやめておくことに

そして、ぼーっとした今日
靴に慣れようと、靴がぼくになじみなさいと
少し離れた本屋まで、寝ぼけた頭をさまそうと、散歩に出かけることに

少しサイズがでかいのか、踏み出すごとに靴が脱げそうになる
変な歩き方になるのを、他人に気づかれまいと平静を装うと
妙な力が加わって、太もものあたりがひきつってくる

目新しい本も見つけられずに、インタネットで儲ける、なんて雑誌を立ち読み
自分との接点が見当らない、無理な話と、とぼとぼ、カクカク帰ってきた

相変わらずぼっーとした頭と太ももには筋肉痛の兆候が加わる
近頃、買いあさっているつげ義春の本を読む

ダメ人間振りに共感

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。