メモ

ぼくが天国にいた頃は
天国にもいやなやつはやっぱりいるもので
そいつは自慢しか口にしない

天国だというのに、見渡す限り真っ白な景色の中に
ぼくとそいつの他、影を落とすものは無くて
仕方がないので、眠くなるまでその自慢話にききいってやる
ぼくは話すこともなくて

1日に1度、決まった時間に神様はやってくる
昼も夜も無い天国でも時間はめぐっていて
決まった時間に目覚めて、決まった時間に眠くなる、それを1日とぼくたちは数える

神様はぼくたちに微笑む
大学病院の回診のように、たくさんの顔の無い天使を引き連れて

一人の天使がすーっとでてきて、ぼくたちにひとつづつ緑色の小さな豆を手渡す
そしてまたすーっとたくさんの天使のなかにまぎれてしまう

いつも豆をくれるのは同じ天使なのか、みんな顔が無いのでまるで区別がつかない
この豆を食べていればぼくたちはずっと元気でいられるようで
神様が雲にまぎれて見えなくなると、ぼくたちはそれぞれに飲み込む
おそろいの真っ白な服にはポケットが無くて
ふわふわした雲の上では豆はすぐにまぎれてしまう
仕方なしに口にする
そしてまたやつの自慢話がはじまる

その日のやつの自慢はさえなくて
ぼくは眠りについた

目覚めるとやつの姿は無くて
やつの寝姿を型どった雲が隣に残る

神様はいつものようにやってきて、今日はぼくだけに微笑む
顔の無い天使がすーっと出てきて、足元から拾い上げた豆をぼくに手渡した
そしてまた行列の中にすーっと消えていく
一瞬現れた表情は微笑んだのか、にらみつけたのか
ぼくは豆を地上に捨ててみた

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。