じいさん

いつものじいさんはいなくて
試験期間中なのか、深夜のファミレスはノートを広げた学生で
こんなにごったがえしていると、とんでもなく騒がしいのだけれども
さすがに切羽詰っているのか、ノートかじりついていて
それでも、なんとなくざわざわとした空気で落ち着かない

ひっきりなしに呼び出しベルが鳴り
こんな日にシフトに入ってしまったとウエイトレスのねーちゃんは疲れきっていて
ぼくのところにはいまだに水も置かれていない

じいさんは店内の様子をうかがって今日は遠慮したのだろう

ぼくは決まってじいさんの隣のテーブルに案内される
どれくらい居座っているのか、食事はすっかり片付いて
ハードカバーの本を机に引っ掛けて、椅子からずり落ちるように眠りこけている

じいさんを横目にピザをつまみながら、ぼくも本を読む
いつもとちがう空気に今日はすぐに店を出た

少し田舎の深夜のファミレスと、じいさんとピザと本
このところぼくは落ち着いている

今日は目覚めると雷が近くで鳴っていた

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。