メモ

七福神のなかにいたような
おでこより上が不自然に長い

髪型はいがいがの坊主頭で
それほど年老いてはいないというのに優先座席に座り

こんな遅くまで何をしていたのか
つり革に立っている客もまばらな日曜日のくだり電車に
すやすやと眠る

ぼくの手のひらにぴったりとはまりそうなその頭に
吸い寄せられるように手を置いた

ヌルという感覚に頭は眉毛の上から真横に少しばかりスライド
磁石のような抵抗を感じて、そのまま鷲づかみに上に引き上げてみると

やっぱりだ
白くなった中心のみずみずしい緑は
小さな種が花火のようにきれいに並ぶ

キウイ

緑に写ったぼくの顔を少し眺めて、蓋をした

もう一度、ヌルっという感覚を味わいたくて
少しずれたところからきれいにつなぎ目を合わせる

何度も往復させてはいけない
1度のスライドでぴったりと合わせられることが
この感覚をいつまでも新鮮に保つ

キウイの頭はすやすやと眠っていられる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。