ビヨンセ

目が覚めるとビヨンセになっている、そんなことを思いついて
隣ですやすやと眠る彼女の顔をこねくり回して、何とかビヨンセにしてみた

顔だけがビヨンセになったところで
体とのバランスがとても悪い
体をぬーっと引き伸ばして
全身に茶色を塗ればまさにビヨンセだ

彼女の戸惑いを楽しみにぼくは眠りについた

目が覚めるとぼくはトムクルーズになっていた
隣ではすっかりなりきっているビヨンセがニヤニヤとしている

ぼくだってトムクルーズくらいならどうにかやっていける
なにはともあれ、キースリチャーズにならなくてほっとした

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。