zoo 乙一

DVDがレンタル屋に並んだので見てみました
この人の小説は映像化されても、面白いだろうとおもいつつ
原作を読んでいました

心理描写、情景描写といったものよりも、発想がとっぴもないので
ストーリーを楽しめます

映画化されたことで、イメージがはっきりとします
キャストが誰であれイメージが壊されることはありません

この人の小説はそんなに読んでませんが
「君にしか聞こえない」はよいです

ライトノベルに分類されているのか、表紙や挿絵が少々恥ずかしいです
この絵こそイメージを損ないます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。