熱熱おでんな人

クラシックギター
あまり大きな音の出ない繊細な楽器
マイク3本でいろんな響きを拾ってあげる

マイクアンプで増幅
スピーカ-からは、5メートルぐらいに拡大された音像が飛び出した

小さな音でも大丈夫
鼻息だって拾えるさ

始まりは緩やかに
そして、徐々に盛り上がる
さらに、加速し、予想外の展開へ
弦はバッチン、バッチンとはじかれ、あっけなくレベルオーバー

もとい

そんなんやるなら言っといてくれよと思いながらも
とりあえず、あやまる
ピークの音、いただけませんかとレベルをとりなおし

始まりは繊細に
徐々に加速、盛り上がりはピークへ
今度は大丈夫さ、こっちだってプロなのよ、2度と同じあやまちは、と

一足先に登りつめ、ここが山頂かと待ち伏せる
鼻息はどんどん荒くなり、あっという間に通り過ぎていった
鼻息は天高く

ギターのボディーをバカバカたたいている
そんなんやるなら言っといてくれよ

あなどれない、ギターのダイナミックレンジ

片岡鶴太郎さんの描いた絵にささげる曲なそうな
絵が大層なら、曲も大層、20分もあった

鶴太郎さん、いつの間に画家?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。