書きこむメモ帳

博士の愛した、うんぬんを読み終わり
ぼくも物覚えがよくないのでメモを書くことに
博士のように服の上にペタペタはるのもなんなんで
memo帳できた

ブログにperlを読ませるのはぼくにはお手上げ
phpならうまく紛れさせられる
デザインもなじんでくれた
結構苦労したのだ
久しぶりに頭を使った、数学的頭脳

この頭、まだまだ使える

大学に入ってぼくが選択したゼミは数学
高校でエネルギーを使い果たし、勉強する気などさらさらない
得意科目で楽して単位習得をもくろむ

学部は情報学部
世に出て何の役にも立たない数学を選択するなんて
1000人もいた学生の中にぼくを含めて2名、風変わりな人がいた
初の講義に出席して、びっくらこいた、2名だなんて

3回目の講義で、ぼくの唯一の相棒は姿を消した
それ以降、教授とサシで向き合う
ゼミってこんなかい?

「素数は無限に存在することを証明しなさい」

あるんじゃないの、それでいいじゃない
数学ってこんなかい?

かみ合わなかったぼくと教授、成立しないゼミ
ときどきばっくれた、教授は一人待ちわびる

ぼくに与えられた最終課題
「正五角形を書いてきなさい」

ゼミのレベルをここまでさげた、それでも難しい、正五角形
とはいえ論文とはほど遠い

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。