散髪

もう何年も散髪にいってなくて
そろそろ腰ぐらいまでは伸びている頃なんだろうけど
長髪はおそらく似合わなくて、ロックな人にも見えなくて
ただの気持ち悪い人に思われるので
伸びた分はこまめにハサミでじょっきんと切っている
もう何年も同じ長さで同じ髪型、普通な髪型

東京に出てきて、学生の頃は理髪店でなくて美容院にいくようになって
それでも髪切りました感が気にくわなくて
髪切ったでしょうと人に気づかれるのもこっぱずかしくて

社会人になってからは、平日の真昼間に髪を切りに行くと
今日はお仕事休みですかから始まって、人の中にずけずと入り込んでくる
小心にも音楽関係とつい正直にもらしてしまうと
それでいて結構自慢だったりもするのだけれど
興味津々にさらに奥までずけずけと突き進んでくる

興味はやっぱり有名人へと話を持っていきたがる
音楽業界もピンキリ、みんながみんなオレンジレンジではなくて
録音業界なんてさらに手広いもので
エロゲームのあえぎ声を1日中録ってたりすることもあるのよね
それでも期待を裏切らないようにと、ミーハーねぇちゃんの興味に反応するように
数少ない中から飛び切りのねたを搾り出して
ちょっと装飾も加えたりして頑張ってはみるけれど
髪を切りにいっただけなのにどっと疲れる

次回は別の店を選んで、振り出しに戻ったところで
今度は別の職業で頑張ってみるかと
それはそれで、無いねたの搾り出しにかみ合わない会話
どっと疲れたうえに、どこに行っても髪切りました感はぬぐえなくて
翌日の出勤はいつも照れくさい

もうあんなところに行きたくないと、すきバサミを買ってきて
これでいいじゃんともう何年にもなる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。