芥川龍之介

彼女の顔はこういう昼にも月の光の中にいるようだった
彼は彼女を見送りながら
今まで知らなかった寂しさを感じた、、、

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。