光の雨

気に入った本があると その人の書いた本を立て続けに読んで 映画化されていたりするとビデオ屋に走って さんざん引っ掻き回して、ほじくりたおして 飽きる 芥川賞というだけで、三田誠広 「僕って何」 気に入ったので次々と読み出… 続きを読む 光の雨

投稿日:
カテゴリー: 小説

ヘルメットをかぶった君に会いたい 鴻上尚史

騒がしい時代にぼくはひょうひょうと生まれてきた ぼくが大学に通う頃にはそんな匂いはすっかり逃げ去って ぼくの通ったキャンパスはとてもきれいだった 新設学部、新設キャンパス、もともとなにもないところだ ヘルメットをかぶった… 続きを読む ヘルメットをかぶった君に会いたい 鴻上尚史

投稿日:
カテゴリー: 小説

悲しみの歌 遠藤周作

ぼくは、人を殺したことがなくて それでも、おまえなんか死んでしまえと思うことはよくあって かといって、苦しむ顔は見たくなくて 悲鳴も聞きたくなくて 無残な死体なんか絶対見たくなくて 犯罪、理性、そんなものがぼくを押しとど… 続きを読む 悲しみの歌 遠藤周作

投稿日:
カテゴリー: 小説

東京八景 太宰治

このところ、午前中からのレコーディングが続いた 久しぶりの通勤ラッシュ 始まりがが早いと、終わるのも早いのだけど めいいっぱい働いた気になって、少しはのんびりさせてと 休みの日には、いつまでも布団から出ずにぐうたらしてい… 続きを読む 東京八景 太宰治

投稿日:
カテゴリー: 小説

AV女優 永沢 光雄

こんなタイトルなのでアフィリエイト もうずいぶん前、たいそうな3348から解放されて、adatを回していた その頃知り合ったエンジニアくんは専門学校を出てプライベートスタジオに就職した 幸か不幸か、いきなりエンジニア、び… 続きを読む AV女優 永沢 光雄

投稿日:
カテゴリー: 小説